ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
[リンク]セイコウ・イシカワ 駐日ベネズエラ大使 2017.5.25
category: - | author: conflictive.info
[リンク]

キューバ研究室 Sala de Estudio sobre Cuba の紹介より

セイコウ・イシカワ 駐日ベネズエラ大使 2017.5.25
- | - | PAGE TOP↑
[リンク記事]「ベネズエラ:合衆国は、他国への干渉をやめよ!」
category: - | author: conflictive.info
[リンク記事]ラテン・アメリカの革命的大衆闘争

先日藤永茂氏が「ベネズエラのコミューン運動(1)」という記事を投稿され、ベネズエラで現在起きている右翼暴力を使った政権転覆の危機について注目を呼びかけている。私自身はベネズエラ関連の記事はなかなか紹介できずにいるが、「ラテン・アメリカの革命的大衆闘争」というブログで、これまでの経緯をアメリカの帝国主義的介入という点からまとめている記事が翻訳されたので紹介させていただく(他にも多くの関連記事が翻訳紹介されている)。

2009年以来、合衆国は、ベネズエラ右翼に4,900万ドルをつぎ込む
http://latinpeople.jugem.jp/?eid=391

一方、日本で一貫して左派風研究者のスタイルを取っている石原俊という人物がベネズエラに関して昨年から下のようなツイートをしているが、その情報源とコメントの内容の薄さから見ればベネズエラで起きている事態について、たとえば藤永氏や上記のブログのような突っ込んだ(いわば“民衆的”な)理解をする気はほとんどなさそうである。帝国主義に奉仕する「反権威主義」という、帝国主義本国における“批判的大学教員”の頽廃した知的スタイルだけがそこには存在している。以前、その著作で2009年に連載された論壇時評をまとめたものである『殺すこと/殺されることへの感度――2009年からみる日本社会のゆくえ』を読んだことがあるが、見事な「「<佐藤優現象>批判」スルー現象」の実践者でもあった。この人物に関しては「見通しは暗そう」なことに変化はなさそうだ。嶋田頼一

追記:下の4月1日付のツイートで触れられている3月29日の最高裁による国会の立法権の停止は、マドゥロ大統領の要請によって4月1日に撤回されている。しかし、そもそも最高裁の当初の決定の発端は、選挙において買収行為を行ったという容疑によって最高裁から国会への出席を禁止された3人の野党派議員を、国会の多数派である野党勢力が最高裁の命令に背いて就任宣誓させ、その後もその3人の除名を拒否していることについて最高裁が法廷侮辱の違法状態であるとしていることである。3月29日に最高裁によって決定されたのは、具体的には石油の官民共同事業についての大統領の権限についてであった。法的には官民共同事業に関する決定については大統領より先に国会の承認が必要であるという。しかし、出席が禁止されている議員が参加する現在の国会の活動は違法となるので、最高裁の憲法部が一時的にその件に関する国会の役割を代行するか、別の代行者を決定できるとしたのである。憲法上においては「国会の違憲状態による機能停止」において最高裁が「矯正的手段」を取ることができるという(article 336.7)。だからそれはあくまで国会の多数派の野党勢力が違法状態を解消するまでの一時的処置なのであった。日本のベネズエラ大使館は、現在の国会について「立法以外の国の権力を尊重しない状況」と説明している。

参考
http://www.telesurtv.net/english/news/Venezuela-Fake-News-Debunked-Assembly-Not-Annulled-No-Coup-20170330-0026.html
https://venezuelanalysis.com/news/13013
http://venezuela.or.jp/news/1156/

----------------------------------------

https://twitter.com/search?l=&q=%E3%83%99%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%82%A8%E3%83%A9%20from%3Aishihara_shun&src=typd&lang=jaより

石原俊@4/10新刊『群島と大学』発売中‏ @ishihara_shun · 4月1日
最高裁が議会の立法権を剥奪できる法規は、最高裁が憲法裁判所を兼ねているにしても異例では?ベネズエラではマドゥロ政権になってから、野党側有力者が何人も逮捕または投獄されている。見通しは暗そうだ

石原俊@4/10新刊『群島と大学』発売中‏ @ishihara_shun · 2016年8月27日
ベネズエラ大統領、トルコに言及し反対派を恫喝。左右を越えた権威主義の世界的模倣である

石原俊@4/10新刊『群島と大学』発売中‏ @ishihara_shun · 2016年8月27日
ブラジルは右からの権威主義にやられ、ベネズエラは左からの権威主義にやられている。きびしいなあ。
- | - | PAGE TOP↑
[リンク]北朝鮮はシリアのようにまわりに振り回されない
category: - | author: conflictive.info
ダン・グレーズブルックが、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)のミサイル実験は、先軍政策上の大成功でイラクやリビアといった武装解除を行った国から教訓を得たものであること、実際トランプはDPRKに話し合いを求めるまで態度を後退させていること、また同時に、トランプの大統領就任以来、アメリカによるシリア政府勢力への爆撃とシリアの領土占領を許しているロシアへのメッセージ(警告)ではないかと述べている。動画の視聴は自動生成の字幕(英語)を出すことができる。嶋田頼一

- | - | PAGE TOP↑
[リンク] DPRK People's Struggle of Justice Supported Abroad
category: - | author: conflictive.info
[リンク]

かなり間が空いてしまっているが、このブログで掲載してきたジェラルド・A・ペレイラの記事の翻訳は少しずつであるが次のものを進めている。ペレイラ自身は最近では、Internationalist Gerald Perierra on Counterrevolution in Libya, Venezuela, and Nicaragua(「国際主義者ジェラルド・ペレイラ、リビア・ベネズエラ・ニカラグアの反革命について語る」)というインタビューが音声で公開されている(大変聴き取りづらいが)。また以下は「朝鮮中央通信」英語版に掲載されていたペレイラの発言である。嶋田頼一

April 11. 2017 Juche 106
DPRK People's Struggle of Justice Supported Abroad
http://www.kcna.co.jp/item/2017/201704/news11/20170411-04ee.html

Gerald Perreira, representative of the Organization for Victory of the Guyanese People, said in a statement that the Korean people have a right to protect the gains they acquired while overcoming all sorts of trials and ordeals.

We express full support to the just struggle of the Korean people for preventing a war and ensuing peace on the Korean peninsula.

「ガイアナ人民の勝利のための組織」の代表であるジェラルド・ペレイラは声明で言う。朝鮮人にはあらゆる苦難を乗り越えながら手に入れたものを防衛する権利がある。

朝鮮半島における戦争を阻止し平和を求める朝鮮人の正義の戦いに、私たちは全力で支持を表明する。

- | - | PAGE TOP↑
[転載] 宮下公園つぶすなデモ! 4月1日(土)
category: - | author: conflictive.info
[転載]


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

宮 下 公 園 つ ぶ す な デ モ !

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


2017年 4月1日(土)午後2時 
宮下公園 新階段下(交差点)集合・出発 ※集合場所が変更になりました

※渋谷のじれん共同炊事(4時〜美竹公園)の前にやります

※デモコース:
宮下公園交差点→明治通りを原宿方面へ→神宮通公園手前を左折→ガード下→美竹通り右折→宮下公園陸橋下→宮下公園交差点→明治通りを原宿方面へ(もう一周)→神宮通公園手前を左折→タワーレコード前→渋谷駅ハチ公交差点左折→宮益坂下交差点左折→宮下公園前→美竹公園・渋谷区第3庁舎前ゴール 

主催:夜間施錠よなよな阻止行動(よなこ)

賛同団体:のじれん・渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合、宮下公園ねる会議、2016−2017渋谷越年越冬闘争実行委員会

3月27日朝、渋谷区はなんと抜き打ちだまし討ちで宮下公園を全面封鎖しました。降りしきる雨の中、野宿の人たちが園内にいることを知りながら、宮下公園の周囲全域を封鎖して3メートルの鋼板パネル設置の大工事を強行!駆けつけた人を不当にも逮捕!公園も渋谷駐車場もその日の朝に供用停止、利用者への事前周知も工事看板も一切ナシ。暴挙につぐ暴挙です。これが行政のやることか!?
宮下公園は野宿の仲間が脈々と命をつないできた場所であるとともに、渋谷区による無謀な再開発、ジェントリフィケーションの舞台となってきた場所です。1964東京五輪で地上2階の公園に改造、2010年にはグローバルスポーツ企業・ナイキとのネーミングライツ協定を理由に野宿者排除の代執行、地方自治法違反のナイキパーク化工事が強行されました。2011年リニューアル後は、東日本大地震という大災害を経てもなお夜間施錠で利用者を締め出し、2013年には警察を動員して越年越冬闘争を実力排除するなど、常軌を逸した排除が繰り返されてきました。
そして現在、渋谷区は、宮下公園を丸ごとデベロッパー三井不動産に事実上売り渡し、2020東京五輪に向けショッピングモールと17階建のホテルに改造する新宮下公園整備事業をすすめようとしています。渋谷区都市計画審議会(都計審)はこの都市計画について2月、賢明にも「社会的な注目があるから慎重に」と結論を先送りにしました。都市計画は承認されていません。にもかかわらず「準備作業」と称して渋谷区は公園を全面封鎖、行政手続きを無視した公園つぶしをやってのけました。都計審はこんなやり方、絶対に認めさせてはなりません。  
宮下公園ナイキ化の首謀者でもある長谷部健渋谷区長は、差別や偏見のない「ダイバーシティ」まちづくりを謳いながら、野宿者との対話を拒否し続けています。渋谷はあちこちで再開発が進み、誰でも使えていた施設が利用者を選別する場所にどんどんつくりかえられています。こんなこと許していたら、貧乏人の居場所は奪い尽くされてしまいます。
宮下公園つぶすな!封鎖をやめろ!公園を奪うな!野宿者を追い出すな!貧乏人を閉め出すな!ショッピングモールもホテルもいらない!寝場所をよこせ!都計審は新宮下公園計画を認めるな! 渋谷区行政に抗議の声を!
宮下公園を取り戻そう。ともに声を上げましょう。

※デモ後、よなこ企画あり。引き続きご参加を
※渋谷区都市計画審議会は 一週間後の4月7日(金)13時半〜(商工会館)に開催、ご注視を!
- | - | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH