ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2008 >>
RECOMMEND
6・13救援会 抗議声明
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

抗義声明

 2008年6月13日から6月17日まで、釜ヶ崎で日雇労働者は西成署を糾弾する闘いに起ち上がった。結果的に暴動という形態で起ち上がった日雇労働者らによる闘いに対し、大阪府警・西成署は、大量の機動隊と高圧放水車により、徹底的に力で封じ込めようとした。この結果、機動隊の隊列の中に引きずり込まれて、リンチを加えられた労働者や、高圧放水車の放水により、肋骨を骨折したり放水を右目に受け、手術を受けなければならないほどの重症を負った労働者も現れた。
 そして、大阪府警・西成署は18人の労働者を「公務執行妨害」の容疑等で現行犯逮捕し、釜ヶ崎地域合同労働組合(釜合労)の稲垣浩委員長も、6月18日に、「道路交通法違反」の容疑で令状逮挿された。さらに現段階(=2008年6月27日現在)では、すでに4人の労働者が起訴されるに至っている。私たちは、大阪府警・西成署によるこの弾圧を許さない。そして同時に暴動という形態で起ち上がった日雇労働者らを支持する。
 今回の日雇労働者らによる西成署を糾弾する開いは、労働者Aさんの訴えが発端となった。2008年6月12日の夕方、Aさんが飲食店での出来事から西成署に連れて行かれ、そこで警察官によって暴行を受けたというのだ。
 翌日の2008年6月13日、Aさんから相談を受けた釜合労は西成署前での抗議行動を行った。釜合労が抗義行動を行うと、続々と日雇労働者らが西成署前に集まり、抗議行動に合流。そして労働者は、暴動という形態で西成署を糾弾する闘いに起ち上がったのだ。この労働者の闘いに対し、西成署は「(Aさんへの)暴行の事実はない」というコメントを発表したのみで、後は、大量の機動隊と高圧放水車までをも動員し労働者の闘いを圧殺しようとしたのだ。
 多くのマスコミもまた、警察の発表を鵜呑みにして、あたかも釜合労が、今回の労働者の闘いを扇動したかのような報道を続けているし、現場に駆けつけた若者らを「騒動に便乗する若者」と報じ、労働者と若者を分断しようとしている。しかしながら、西成署による労働者への暴行は、釜ヶ崎において決して「突出」したことではない。
 2004年12月の西成署内における労働者への暴行事件(この時の抗議行動でも後日稲垣浩さんが逮捕された)、釜ヶ崎内15ヶ所に設置された西成署と直結する監視カメラの存在、西成署内で労働者を指す「450(汚れ)」という隠語、シノギ(蕗上強盗)にあって西成者に駆け込んでも「お前が悪い」と追い返す警察官…。こういった日々警察から受ける侮蔑と蔑視、さらには、ゼネコンを頂点に手配師・人夫出し業者を末端とする重層的下請構造の最下層で、資本の意のままに使い捨てられる労働力として存在させられている現実の中で、西成署前に集まった労働者らはAさんへの暴力事件を「我が事」と受け止め、自らの意思で、資本=支配権力の象徴とでも言うべき西成署を糾弾する闘いに起ち上がったのだ。
 又、「騒動に便乗する若者」とあるが、若者たちが労働者と共に、連日に渡って、西成署糾弾の闘いを続けたのは、若者たちが、今、置かれている状況も、例えば派遣労働に象徴されるように、その本質において釜ヶ崎日雇労働者と同じものである事を、敏感に感じ取ったからではなかろうか。
 私たちは警察による弾圧を許さない。暴動という形態も含めて、西成署を糾弾する闘いに起ち上がったすべての人々を支持する。大阪府警・西成署は暴行を加えたすべての労働者に謝罪し、1人1人にきちんと補償を行え!警察・検察・裁判所は、逮捕し起訴した仲間をすぐに釈放せよ!

《皆さんへのお願い》
(1)この抗義声明への賛同を募ります。賛同していただける方は個人、団体名、公表の不可を、2008年7月4日(金)まで【第1次集約期限】、下記のFAXか、Eメールにお知らせ下さい。個人名で肩書きを公表いただける場合は肩書きもお願いいたします。
(2)弁護士費用など、何かと必要になります。たいへん恐縮ですが、みなさまのご支援におすがりするほかない状況です。カンパへのご協力をどうかよろしくお願いします。

2008年6月30日(月)
6・13救援会

【連絡先】大阪市西成区太子2−1−2 釜ヶ崎医療連絡会議気付
    TEL/FAX O6−6647−8278
    E−Mail:iryouren@air.ocn.ne.jp
【カンバ振込先】
郵便振替口座 00990−8−302431(加入者名:釜ヶ崎炊き出しの会)
※)通信欄に「6・13救援カンパ」と明記して下さい。
- | - | PAGE TOP↑
[サミット体制] 日本政府による入国妨害
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]

【声明】法務省入国管理局による学術関係者・メディア関係者に対する不当な入国の制限に抗議し、自由な表現・言論活動を保障することを要請します WATCH (サミット人権監視弁護士ネットワーク)
http://blog.goo.ne.jp/watch-summit/e/5cc6cb97cb506d99c1421beecaa1cb81

スーザン・ジョージさん成田で拘束 G8関係者は24時間の事情聴取か入国拒否へ 入管当局http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200806280945476

(レポート)香港のジャーナリスト16時間成田で足止めをくい、人権侵害的扱いを受ける
http://www.jca.apc.org/alt-g8/ja/node/421

香港のメディア関係者3人が成田で一晩拘束〜強制退去の危機も〜http://g8medianetwork.org/ja/node/183

G8サミット取材に関する緊急声明
http://www.jca.apc.org/alt-g8/ja/node/416

We condemn the Japanese government's human rights abuse and political oppression!
http://blog.jinbo.net/noG8

鄭 義憲(チョン・ウイホン)さんの入国拒否に対する抗議文
http://www.jca.apc.org/alt-g8/ja/node/414
- | - | PAGE TOP↑
「貧困・不安定雇用・社会的排除はもうたくさんだ!反G8札幌行動」集会  7/4(金)
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

「貧困・不安定雇用・社会的排除はもうたくさんだ!反G8札幌行動」集会

日時:2008年7月4日(金)午後1時〜4時
場所:北海道立道民活動センター(かでる2・7)820研修室
   (札幌市中央区北2条西7丁目)
主催:「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働WG
資料代:500円

 G8サミットは、「先進8カ国首脳」の勝手な談合であるにもかかわらず、弱肉強食の新自由主義=市場原理絶対主義を各国に押し付け、世界の政治・経済を牛耳ってきました。
 労働・福祉問題では、特に94年の労働大臣会合の開催以降、「労働市場の改革」=雇用の流動化・不安定化と「社会保障の適正化」=失業保険や生活保護などのセーフティーネット・所得再配分策の削減を、毎年繰り返し主張してきました。その結果、雇用は一層不安定化し、格差と貧困が深刻化し、福祉施策は切り捨てられ、社会的弱者は排除され、基本的人権が脅かされています。
 働いても生活保護以下の収入しか得られず社会の底辺で苦しむ私たち・仲間たちも、新自由主義政策の犠牲者です。一部の特権的な者たちのためにこの政策を推進してきたのが、G8サミットです。
 様々な生活現場から、そして国内外の各地から、サミットが開催される北海道の地へ抗議の意思表明に仲間たちが訪れます。これらの人々と情報を交換し、連帯して、ともにG8サミットに反対の声を上げましょう。

=プログラム=

【各地からの発言・アピール】
・北海道:鴨川悠斗さん(自由と生存の連帯メーデー in 札幌)
・新潟:有田純也さん(G8サミット今どき「粉砕」にいがた実行委員会)
・東京:勝間田翔さん(フリーター全般労組・ガソリンスタンドユニオン)
・大阪:西山直洋さん(連帯ユニオン関西地区生コン支部)
・フランス:リュドヴィック・ドネさん(住宅への権利運動DAL, NO-VOX)
・アメリカ:エイブ・グリーンハウスさん(IWW:世界産業労働組合)
・フランス:Nico Patreさん(CNT:全国労働連合「ヴィニョール派」)

【集会宣言】荒木剛さん(日雇全協山谷争議団)

※貧困・労働WGの詳細はブログをご覧ください。
http://www.jca.apc.org/alt-g8/blog/11

※貧困・労働WGは一連の取り組みへの賛同を呼びかけています。ぜひ多くの皆さんの賛同をお願いいたします。
http://www.jca.apc.org/alt-g8/ja/node/267
- | - | PAGE TOP↑
チェレンジ・ザ・G8サミット 1万人のピースウォーク 7/5(土)
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

■ チェレンジ・ザ・G8サミット 1万人のピースウォーク ■

 7月7日から9日まで北海道洞爺湖でG8サミット(主要国首脳会議)が開かれます。
 北海道など行政は「おもてなしの心」を強調しています。しかし世界の軍事支出の70%、武器輸出の90%を占める軍事大国の集まりを、「もてなす」ことはできません。
 私たちは「チャレンジ・ザ・G8サミット、わたしたちの世界をつくろう」を合言葉に、世界に真の平和な世界をつくることを求めるピース・ウォークを行います。
 ☆ 核も戦争もない世界をつくろう
 ☆ 世界から貧困と差別をなくそう
 ☆ 子どもたちにみどりの地球を残そう
の共通スローガンで、非暴力を原則に、私たちの主張を世界に向けて発信します。

 世界から貧困と戦争をなくし、G8諸国に代表される大国による力の支配をなくし、
地球規模での民主主義と公正な世界秩序を実現することを、G8諸国に求めます。
 あなたの主張を、あなたの思いを、G8諸国政府にぶつけてください。
世界の人たちに投げかけてください。
 みなさんの参加を心からお待ちしています。

★ 日時 2008年7月5日(土)午後1時から 集会
               午後3時から ピースウォーク
★ 会場 札幌市 大通西8丁目広場
     ピースウォークは、札幌中心街をあるきます。

★ 主催 ほっかいどうピースネット
     北海道平和運動フォーラム
     平和サミット北海道連絡会 

★ 連絡先 ほっかいどうピースネット
      札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル2階 
       ピースカフェ気付
      TEL/FAX 011-261-6883

★ 賛同 G8サミット市民フォーラム北海道
     G8を問う連絡会
     2008年G8サミットNGOフォーラム

★ プログラム
午後1時 オープニング 「乱拍子」の太鼓演奏
主催者あいさつ
海外ゲストスピーチ(予定者)
グスタヴァ・アッサ(アフリカ市民委員会代表)
ウォールデン・ベロー ( Focus on the Global South )
ミニー・デガワン ( Indigenous Peoples Network for Change)
韓国から
La Via Campesina (農民の道:農民の世界的な組織)から
ビノッド・ライナー (インド)
ほか
国内ゲストスピーチ 各賛同団体から
途中で音楽が入ります。

午後3時 ピースウォークに出発

- | - | PAGE TOP↑
[転載] 「国際交流キャンプ札幌」のキャンプ地が決定しました!
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]
=====================================

みなさまへ
(メール転送、web掲載おねがいします)
(重複送信ご容赦願います)

「国際交流インフォセンター/国際交流キャンプ
札幌実行委員会」事務局の本多です。
いろいろありましたが「国際交流キャンプ札幌」の
キャンプ地が決定しました!
http://g8medianetwork.org/ja/node/182
札幌中心部の「国際交流インフォセンター」ともども
みなさまのご来場をお待ちしています。

6/29(日)19:00〜
■イルコモンズ・リトリート・キャンプ サミット前夜篇(無料)
■会場:「国際交流インフォセンター」in札幌アウクル304A
http://illcomm.exblog.jp/8180964/

7/2(火)18:00〜
■G8対抗フォーラム札幌&札幌キャンプ
合同オープニング・パーティー(有料・食事つき)
■会場:「国際交流インフォセンター」in札幌アウクル体育館
http://illcomm.exblog.jp/8181001/
http://www.counterg8forum.org/
■お申込:
携帯電話: 090-6212-4151(本多)
E-mail: camp2008exco@hotmail.co.jp

にもぜひご参加ください。
賛同金、食糧カンパ、当日スタッフもひきつづき募集中です。
みなさんのご協力をいいただき
参加者みんなで助け合い、よいキャンプを作っていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

=====================================
「国際交流キャンプ札幌」
オルタナティブ・ヴィレッジ・サッポロ=トウベツ

※「コンバージェンスセンターinトウベツ」を併設

■オープン期間
:7月3日〜6日(スタッフは1日から9日まで)

■会場
:当別町災害防災備蓄センター(旧当別町立中小屋中学校)
北海道当別町字中小屋579-8

■連絡先(暫定)
携帯電話: 090-2738-7167、090-6515-2599

E-mail: camp2008exco@hotmail.co.jp

■アクセス
<公共交通機関利用>
●JR学園都市線「中小屋」駅から
約1.5km 徒歩約20分
●JR学園都市線「北海道医療大学」駅から
約10km 徒歩約1時間半
<自動車利用>
●札幌から国道275号線月形方面へ車で40分
※駐車場あり
※アクセスがよくないので、バスの手配を調整中です。
●時刻表など詳細を随時ホームページ上で更新します。
http://www6.atwiki.jp/infocenter
■利用料
:カンパ500円〜1000円以上で検討中
(テントを張る人と、校舎の中で寝る人で利用料カンパに差があります)

■持ち物
:テント、寝袋、防寒衣があると過ごしやすいです

■内容(予定):
共同炊事・音楽祭・映画祭・パペット作りワークショップ
ほかいろいろ増殖中!
http://www6.atwiki.jp/infocenter
※キャンプ場内での実施を希望する
ワークショップ等がございましたら、連絡先までご連絡をください
期間中の会場で直接のお申し出も受け付けています。

=====================================
「国際交流インフォセンター」
コンバージェンスセンターin札幌アウクル

■オープン期間
:7月1日〜10日
(宿泊はできません)

■会場
:札幌市中央区南8条西2丁目
豊水小学校跡施設3F アウ・クル304A号室
※駐車場はありません

■連絡先
固定電話: 011-521-0655(7/1〜)
携帯電話: 090-6212-4151(本多)
E-mail: camp2008exco@hotmail.co.jp

■アクセス:
●JR札幌駅から
2.3km 徒歩40分
●大通公園から
1.3km 徒歩25分
●札幌市営地下鉄東豊線
「豊水すすきの(H09)」駅・出口6から
300m 徒歩5分
●札幌市営地下鉄南北線
「中島公園(N09)」駅・出口1から
500m 徒歩10分

■内容(予定):
地域情報(ガイドマップ)提供、イベント情報提供、
法律情報提供、メディカル情報提供、休憩所、
宿泊先案内、ミーティングコーナー、
PC(インターネット)、プリンター、
アート展示、創作工房、小規模のイベント等
6/29 19:00 イルコモンズ・リトリート・キャンプ サミット前夜篇
7/2 18:00 オープニング・パーティー(終了後キャンプへ移動)
7/4〜 高慶日諷刺漫画展・札幌
7/5AM ゆかたブロック・ワークショップ
ほかいろいろ増殖中!
http://www6.atwiki.jp/infocenter
※インフォセンター内での実施を希望する
ワークショップ等がございましたら、連絡先までご連絡をください。
ミーティングルームのご利用も無料でできます。

=====================================
- | - | PAGE TOP↑
ウェブサイト更新
category: ウェブサイト更新 | author: conflictive.info
http://conflictive.info/

■VOL ZINE■
VOL NO.05 6.20 2008 Holloway Issue
1968年と抽象的労働の危機
ジョン・ホロウェイ 渋谷 望 訳
 
- | - | PAGE TOP↑
ウェブサイト更新
category: ウェブサイト更新 | author: conflictive.info
http://conflictive.info/

■Column■
篠原雅武
鴨川コモンズ、バーベキュー、反権力

■VOL ZINE■
VOL NO.04 6.11 2008 LAZZARATO Issue
表現とコミュニケーションの対立
マウリツィオ・ラッツァラート 村澤真保呂・中倉智徳 訳
- | - | PAGE TOP↑
ウェブサイト更新
category: ウェブサイト更新 | author: conflictive.info
http://conflictive.info/

■Review■
安藤丈将
なぜ、世界銀行は環境破壊をやめられないのか
書評 マイケル・ゴールドマン『緑の帝国 世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム』(山口富子監訳、京都大学学術出版会)
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH