ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
RECOMMEND
ウェブサイト更新
category: ウェブサイト更新 | author: conflictive.info
ウェブサイト更新
http://conflictive.info/

■Column■
ロンドン便り(1)── イーストエンドを歩く 丸山里美

■Archive■
アルゼンチンの息吹 藤井枝里
 1.「IMFの優等生」から社会運動の発信地へ
 2.労働者の自主管理で病院を最建
 3.環境問題と新自由主義
 4.日々の生活のなかから形成される力
   ――農民運動の体験実習に参加して

- | - | PAGE TOP↑
ウェブサイト更新
category: ウェブサイト更新 | author: conflictive.info
ウェブサイト更新
http://conflictive.info/

■VOL ZINE■
VOL NO.06 7.4 2008 SUYU-NOMO Issue
追放されし者たちの帰還:2008年キャンドルデモ
高秉權(研究空間スユ+ノモ酋長) 藤井たけし 訳
- | - | PAGE TOP↑
札幌サウンドデモ7・5救援会設立とカンパのお願い
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]http://j5solidarity.blog116.fc2.com/

札幌サウンドデモ7・5救援会設立とカンパのお願い

2008年7月5日、札幌市大通公園で開催されたチャレンジ・ザG8サミットのピースウォークで、「サウンドデモ」部分に対して不当な弾圧がくわえられました。荷台に音響機材を積んだ「サウンドトラック」を公安警察が襲った経緯などで、マスコミ記者も含め最終的に4人の方々が逮捕されました。

すでに様々なマスコミの報道がありますが、この弾圧は機動隊の過剰警備と公安警察の暴力的な介入によって引き起こされたものです。札幌中央署は被疑事実を「道交法違反」「公安条例違反」「公務執行妨害」としていますが、もちろんピースウォークは事前に申請され、北海道公安委員会に許可されたものです。「サウンドデモ」スタイルによる荷台乗車も、許可された行進形態に含まれていました。

DJをしていただけで逮捕、あるいは運転席の窓ガラス割った上で運転手を引きずり出して逮捕、などという暴力的なふるまいに対して、現在、有志による救援活動が続けられています。救援活動に際しては、差入など様々な出費が必要になるため、多くの皆さんに衷心よりカンパを呼びかけます。よろしくお願い申し上げます。

札幌サウンドデモ7・5救援会

【連絡先】
080-6098-6183
j5solidarity@riseup.net
※7日に専用連絡先を設定しなおしました

【カンパ振込先】
郵便振替口座:00200-5-38572 名義:S-16
※札幌救援カンパとご明記ください
- | - | PAGE TOP↑
Sound-Collective NO-G8 声明文
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載] http://media.sanpal.co.jp/no-g8/

7.5札幌ピースウォークにおける逮捕に対しての声明文(Sound-Collective NO-G8)

7月5日に札幌市内で行われた「チャレンジ・ザG8・市民ピースウォーク7・5」において、四人の仲間が罪状なしに不当逮捕されました。その内、サウンドカーから三人が逮捕され、音楽という平和的表現の自由が公然と奪われたことに対して、 Sound-Collective NO-G8は断固抗議します。

新聞などでは、デモ隊と警察官との小競り合いや、一時騒然とした混乱の中で逮捕が行われたと報道されています。しかし、逮捕されたその三人自身は、そうした混乱の中にはおらず、サウンドカーの運転やその荷台の上での音楽機器の機材の操作に従事していました。
つまり、警察が三人を、容易にデモ隊を沈静するための格好のターゲットにしたことは明白です。
更に、サウンドカーの運転手逮捕においては窓ガラスを割りそこから鍵を開け数人で押さえ込み無理矢理車から引きずり出すなど、非暴力をかかげるデモに警察側は威圧的な態度と行為を繰り返しました。

平和的な表現手段である音楽を暴力的行為で抑圧した警察に対し強い抗議の意思を表明します。

2007年7月7日
Sound-Collective NO-G8
- | - | PAGE TOP↑
☆のびのびイルコモンズデモの呼びかけ
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載] http://www.rll.jp/hood/action/20080711034259.php#more

☆のびのびイルコモンズデモの呼びかけ

7月12日(土)
14:00〜 報告会(阿佐ヶ谷ロフトAにて) 入場料500円!!!!
16:30〜 高円寺中央公園集合
17:00〜 高円寺一周デモスタート

 なんだなんだ!大変だ大変だ!そこでマヌケ顔してウロウロしているキミ!ちょっと聞いてくれ!
 
 北海道では、G8だかなんだかよくわからないが、金もうけ連中の悪だくみ会議が行われていたんだが、それに文句をつけるサウンドデモが、7月5日に札幌で巻き起こったところ、逮捕者が出てしまった!

 しかも!しかもしかも!!やいやいコノヤロー!
 捕まったのは、あろうことか!素人の乱界隈にもよく遊びに来てたり、大喜びでとんでもない映像を持ってきたり、満面の笑みでドラムを叩きまくってたり、ナントカアカデミーだったりする、キミも知っているあの男だ!なに!これはすごい!!!ついにやった!!
 
 その男の名はイルコモンズ。まあ、知らない人もいるかと思う。「デモで捕まるなんてどんな凶暴な野人か!」って思ってるキミ。これがまた驚くことに、何にもしていないのだ。あの男に関しては単に車の上に乗ってDJをやっただけ!他にも車を運転していただけの人も捕まったし、もう一人のDJも捕まったし...。
 ちょっと!何もしてないんだからさっさと全員解き放て!

 やいやい!こうなったらデモだデモだ!捕まえる気も一瞬で消えうせるマヌケデモを見せてやる!

 そしてさらに!デモ前には、北海道での報告会もやってしまう!うーん、これはもう行くしかない!!

主催:のびのびイルコモンズ戦線

※タイトルはイルコモンズだけになっていますが、不当逮捕された3人を助けるデモで、カンパも全員に送ります。

- | - | PAGE TOP↑
[サミット体制] 大阪、札幌
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]

●携帯電話弾圧に抗議するぞ!(釜ヶ崎パトロールの会)
 7月4日(金)早朝、扇町公園で暮らすYさんが逮捕されました。ぼくら釜ヶ崎パトロールの会が活動拠点とする扇町公園のテントで長年暮らしてきた野宿労働者で、「扇町公園23号」のテントに住民票を置かせる裁判を闘うなど、野宿の仲間の闘いを先頭で担ってきたYさんです。
 容疑は、「昨年の5月、Yさん名義で携帯電話を購入する際に、知人が使うことを隠して電話会社をだました」とする詐欺容疑。だそうです。こんなことで逮捕なんて、まかり通っていいのか!?公安警察による弾圧に抗議し、Yさんの即時釈放と、警察・検察・裁判所による謝罪を求めます。
(詳細は以下)
http://kamapat.seesaa.net/article/102432025.html

●7.5デモ、サウンドカーDJ逮捕(G8MN-TV)
http://tv.g8medianetwork.org/?q=ja/node/366

●車の窓ガラスを叩き割る警察(G8MN-TV)
http://tv.g8medianetwork.org/?q=ja/node/301
- | - | PAGE TOP↑
3人の自由を取り戻すぞ!デモ 7/12(土)
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載] http://j5solidarity.blog116.fc2.com/

■■ 3人の自由を取り戻すぞ!デモ ■■

 7月5日、札幌市で開催された「チャレンジ・ザG8サミット10000人のピースウォーク」において、4名の人たちが逮捕されました。逮捕はあきらかに過剰警備によるものです。とくにトラックの荷台に音響機材を積んで音楽を鳴らして歩くサウンドデモが弾圧の対象となりました。

 警察のいう被疑事実は「道路交通法違反」「札幌市公安条例違反」「公務執行妨害」ですが、このデモは札幌市公安条例に準拠し、荷台乗車も許可されたもので、逮捕はまったく不当なものです。

 逮捕者のうち3名はDJ(音楽をかけるディスクジョッキー)や運転手をしていただけで、逮捕されるべき理由はなく、逮捕はデモンストレーションという民主主義社会で認められた表現の自由を奪う行為にほかなりません。

 残る1名は取材中のカメラマンで、警察によるジャーナリストの逮捕は報道の自由を侵害する行為にほかなりません。

 また、今回の件で暴力をふるったのは、あきらかに警察のほうです。たとえば、警察はデモの最中にとつぜんトラックを止め、警棒で窓ガラスを叩きわり、首を絞めてがんじがらめにしながら運転手を引きずり出していきました。4人の逮捕者のうち、ジャーナリストは釈放されましたが、3人は未だ勾留され、自由を奪われたままです。

 わたしたちは、G8サミットでの入管による入国拒否や過剰な警備、監視がついにピースウォークから逮捕者を出すという形でわたしたちの生活から民主主義や人権や自由な表現を奪い、沈黙を強いようとしていることを許すわけにはいきません。だからこそ、歩きたいのです。

3人の自由を取り戻すために、
 私たちの手で自由な表現を守るために、
   いっしょに歩きましょう!

◆ 日時 7月12日(土)
     14:30集合(15:00出発)
◆ 場所 大通西3丁目(西2丁目側)
◆ コース 大通公園西3丁目→北3西3左→北3西5左→札幌中央署横→大通公園西4丁

◆ 主催 札幌サウンドデモ7・5救援会
◆ 連絡先
TEL: 080−6098−6183
 E-mail: j5solidarity@riseup.net
 ブログ: http://j5solidarity.blog116.fc2.com/

////////////////////////

■カンパはこちらにお願いします
【カンパ振込先】
郵便振替口座:00200-5-38572 名義:S-16
※札幌救援カンパとご明記ください
※郵振料金
30000円までの振込は料金120円
(ATM使用はもう少し安い)
30000円超で330円です。
- | - | PAGE TOP↑
「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」における4名の不当弾圧に対する抗議声明
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」における
4名の不当弾圧に対する抗議声明

「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働ワーキンググループ

 去る7月5日、ほっかいどうピースネット、北海道平和運動フォーラム、平和サミット北海道連絡会の主催による「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」が札幌市内で行われた。貧困・不安定雇用・社会的排除の問題の観点から、G8サミットに反対する取り組みを行ってきた私たち「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働WGも、この「ピースウォーク」に参加した。
 このデモに対する警察・機動隊の規制は、デモ開始時より常軌を逸していた。デモ隊列の横に張り付いた警察・機動隊は、交通安全上全く問題がないにも関わらず、車道の左端に強引にデモ隊列を押し込めようと常時圧迫をかけてきた。また、交差点では盾を敷き詰め壁を作るなど、デモ隊列を常時周囲から囲い込み、民主主義社会における当然の権利の行使としてあるデモンストレーションという表現を、完全に封じ込める過剰警備を行っていた。私たちはまず、海外からの参加者もあきれ、憤慨した、この異常な警備体制に強く抗議する。

 このような異常な空気の中、不当にも4名が逮捕された。
 うち2名は、デモ隊列の中段に位置して徐行していたサウンド車の荷台で、DJをしていた。サウンド・システムを載せたサウンド車のデモへの参加は、事前の警察へのデモ申請において認められており、警察とデモ責任者との複数回の話し合いの中で双方に了解されていた。そして、この2人のDJはサウンド車の荷台にいたため、デモの円滑な進行や交通を妨害するような行為をする状況にはなく、逮捕される正当な理由は見あたらない。サウンド・デモは参加者が自由に身体表現できるため、異議申し立ての意志を持つ若者を中心に広く行われているようになっており、それに脅威を感じる警察が、サウンド・デモの象徴的存在であるDJをねらい打ちして弾圧したことは疑いがない。
 また、逮捕された別の1名は、このサウンド車の運転を行っていた。警察・機動隊はデモの最中、サウンド車への威嚇・恫喝を執拗に繰り返しており、その尋常ならざる状況の中、デモの終了地点が目前に迫った地点で、警察は運転席の窓を叩き割ってドアロックを外し、運転手を暴力的に引きずり出して逮捕した。そのさまは剥き出しの暴力そのものであり、このような暴挙をはたらいた警察に対し、怒りを持って抗議する。
 報道によれば、逮捕は公務執行妨害と札幌市公安条例違反容疑によるもので、道公安委員会の許可したデモの条件に違反して隊列を広げようとした疑い、とある。しかし、そもそも主催者発表で五千人もの人々のデモを、わずか3メートルの幅に閉じ込めようとすることこそ表現の自由に対する不当な規制であり、その責任をサウンド車のDJと運転手に転嫁するなど盗人猛々しいとしか言いようがない。
 さらに残る一人の逮捕者は、報道によれば民間通信社のカメラマンであるという。警察・機動隊は、自らは重装備に武装しつつ、デモの中や周辺にいた丸腰の人々に対して無分別・傍若無人な暴力的振る舞いを行っており、逮捕者が警察に暴力をはたらいたなどという転倒した警察側の説明は、全く許し難い。
 このように、4名の逮捕はいずれも不当弾圧であり、許し難い暴挙である。ここに強く抗議し、糾弾する。

 今回のG8サミットに伴う警備や入国管理における警察と入管の傍若無人ぶりは、戦争状況下における民衆統制を連想させるほどで、対テロ有事体制下の治安弾圧の先取りとも言える。札幌で行われる集会に参加すべく韓国から訪問した農民団体19名は、長時間にわたって入国審査を受けたあげく入国を拒否され、帰国せざるを得なかった。彼らが数日にわたって入管で留め置かれるあいだ、寝具らしきものは一切提供されなかったという。新千歳空港に到着した韓国・民主労総の5名も同様の入国審査を受け、その過程で不当にも一人が逮捕され、同行の4名も入国を拒否された。全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部は、自分たちの労働・生活現場からの表現としてミキサー車で「ピースウォーク」に参加しようとしたが、ミキサー車でのデモ参加は認められず、一般車両としてデモ隊の横を通過することさえ機動隊車両によって阻止された。
 異常な対応は、G8関連集会への参加者に対してだけではない。札幌市街地、新千歳空港および洞爺湖周辺は、サミット警備およびその練習のために一般車両が公道でことごとく足止めされ渋滞しており、各方面で市民生活に深刻な影響を与えている。野宿者は、生活上必須なコインロッカーがサミット警備のおかげで使えず、野宿していたエリアでは退去警告や恫喝がなされるなど、明らかな排除策動をかけられている。治安対策の前では、野宿者の生存などどうでもいいというのが、当局の本音なのである。
 これら異常な警備・管理体制は、人々の声などには全く聞く耳を持たず、また、非常時であるとすれば人々の暮らしなど麻痺してもかまわないという政府の態度を表しており、そしてG8サミットの本質的な非民主的性質をそのまま反映している。今回の「ピースウォーク」に対する理不尽な弾圧は、まさにこのような人権を無視した管理・抑圧状況を反映して行われた。私たちは、この弾圧の中にG8サミットの本質を見る。
 私たちは、このような非民主的なG8サミットに改めて反対するとともに、この被弾圧者を一日も早く取り戻し、さらなる弾圧を許さず、引き続きG8サミットに反対する取り組みを継続する。

2008年7月8日

「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働WG連絡先
電話:090−1429—9485(荒木) 
e-mail:nasubi@jca.apc.org(なすび)
http://www.jca.apc.org/alt-g8/blog/11

- | - | PAGE TOP↑
渋谷・宮下公園のナイキ公園化計画に反対の声を! ナイキジャパン本社申し入れ行動 7/9(水)
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載] http://minnanokouenn.blogspot.com/

渋谷・宮下公園のナイキ公園化計画に反対の声を!

■宮下公園の大改修計画が明らかに!
 東京・渋谷駅からほど近い渋谷区立宮下公園。今、この公園全面にスケートボード場とオープンカフェなどを新設する大改修計画が、区民や利用者に全く知らされない状態の中で進められていることが明らかになりました。スポーツ用品大手のナイキ社が総事業費4億5千万円を投資、スポーツ施設として使用料を取って運営費にあてるというものです。さらに5年間1億5億円を渋谷区に支払い、その名を冠した「ナイキ公園」の名称変更も計画されています。

■区長の独断?
 この計画は、区長が一部の区議とともに、区議会にはかることも区民のコンセンサスも経ずにトップダウンで強引に進めています。改修によって影響を被ることになる宮下公園のテント生活者にも何の説明もなく、ただ撤去のうわさだけが流れる中で不安をかりたてています。そのような独断的な進め方で今年度中(来年3月まで)に工事を着工させようとしています。

■公共空間から商業スペースへ?
 宮下公園では、2年前にも2面のフットサル場が、区民や利用者の知らないところで設置されました。ただでさえ細長く狭い公園の中をフットサル場が占めることによって、誰もが自由に憩うことのできる場所は大幅に縮小されました。表現の場としての集会にしても人数制限によって許可されなかったという話も聞いています。そこに、今回の大改修計画です。渋谷区はフットサル場に続き、スケートボード場の設置も「青少年の健全な育成」を建て前としていますが、計画が実現すればスポーツを愛好する青少年だけしか利用できない公園になります。しかも有料でです。公園は本来、誰もが自由に利用することのできる極めて公共性の高い空間のはずです。それを一企業が利益を得るための「商業スペース」として転換しようとしているのです。公園は誰のものなのでしょうか?

■ナイキジャパンに対する申し入れ行動へご参加を!
 ナイキはアジア各国における児童労働、賃金搾取で利益率97%という空前の儲けで肥え太っていったグローバル企業です。また強制猥褻、集団強姦などの犯罪行為によって2003年アメリカ連邦最高裁判所で有罪判決を受けています。そのような企業が日本で初めて公園を私物化しようとしているのです。まさに新自由主義的攻撃というべきこの計画に対して、「G8サミット」最終日の7月9日、ナイキジャパン本社への申し入れ行動のご参加を呼びます。多くの皆さんがともに反対の声をあげていただけますよう、よろしくお願いします。

ナイキジャパン本社申し入れ行動
7/9(水)午前11時 天王州公園集合(臨海線天王州アイル駅出口Bを出たところ)

【電話やメールによる抗議先】
ナイキジャパン TEL: 0120-500-719(月〜金9時〜17時)/FAX: 03-5463-3295
ナイキ米本社  TEL: 1-503-671-6453 Hours: 7:30 am - 5:30 pm PST, Monday
through Friday
E-mail Us: http://swoosh.custhelp.com/cgi-bin/swoosh.cfg/php/enduser/ask.php
渋谷区区長   FAX 03−5458−4900  E-mail: mayor@city.shibuya.tokyo.jp

【呼びかけ団体】
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
http://minnanokouenn.blogspot.com/
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(のじれん)
都庁行動を闘う全都野宿労働者実行委員会(全都実)

連絡先080−3127−0639, Mail/miyashita@riseup.net
- | - | PAGE TOP↑
G8を問う連絡会事務局 緊急声明
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]

G8を問う連絡会事務局 緊急声明

「反グローバリズム運動」はテロリズムではありませんっ!
わたしたちは「混ぜるな!危険」ではありませんっ!
法務省、入管当局、警察、政府あるいは自治体はわたしたちの言論・表現の自由、集会の自由、移動の自由を侵害してはなりませんっ!

http://www.jca.apc.org/alt-g8/ja/node/423
- | - | PAGE TOP↑
INTERNATIONAL MEETING FOR VIDEO ACTIVISTS 7/4(金) 札幌
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

INTERNATIONAL MEETING FOR VIDEO ACTIVISTS
 主催:G8メディアネットワーク・ヴィデオユニット

洞爺湖サミットでおこる出来事を伝えるために集った全世界のヴィデオ・アクティヴィスト・報道関係の皆さん!!!!
 私たちの多くは路上や街頭で何度も顔を合わせることになると予想されます。国内外を問わず、それぞれの所属や立場を超えて<キャメラを持った奴ら>同士で集まりましょう。
 このミーティングの主な目的はお互いのコミュニケーションをはかり、私たちの経験や技術を分かち合うこと、様々なトラブル・アクシデントに対処するための有意義な機会を作り出すことです。

■「取材」に関連する日本の法律、警察対応などの基礎的な情報の伝達
海外から来た皆さんには残念ながら基本的な情報が周知されているとは言いがたいと主催者は考えています。WATCH(サミット人権監視弁護士ネットワーク / Watch Human Rights on Summit)事務局の木下ちがや氏とともに、慣れない国での取材に関する不安に対し、話し合う場を設けます。

■撮影者と被撮影者との間のトラブルを回避するための意見交換
キャンプ・ワーキング・グループに所属し、セイファー・スペースに関わる松本麻里氏を招き、被撮影者側からの率直な意見や要望、考えうるケースを挙げていただく予定です。
撮影・取材によるハラスメントを避け、みんなが安心して行動できる場を共に作っていくのも撮影者の役割の一つです。
またこのような問題意識や懸念を持った方々にも参加を呼びかけます。
※このテーマはミーティングの後半14:30頃から始める予定です。

お互いの経験・技術を分かち合い、話し合うことで<キャメラを持った奴ら>による新しいACTIONを創造していきましょう!!!!

【日時・場所】
7月4日 13:00-16:00
市民メディアセンター天神山 研修室
住所:札幌市豊平区平岸二条17丁目1-80 旧札幌天神山国際ハウス内
(南北線澄川駅下車徒歩15分)
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82%E8%B1%8A%E5%B9%B3%E5%8C%BA%E5%B9%B3%E5%B2%B8%E4%BA%8C%E6%9D%A117%E4%B8%81%E7%9B%AE1-80&sll=36.5626,136.362305&sspn=21.543277,30.893555&ie=UTF8&z=16&iwloc=addr

【連絡先】
◯ミーティングについてのお問い合わせ先
090-8103-7197(担当:山川)

◯天神山MC(アクセス)についてのお問い合わせ先
011-802-6831(市民メディアセンター天神山)

【言語】
日本語/英語

G8MNTV
http://tv.g8medianetwork.org/
- | - | PAGE TOP↑
[サミット体制] 日本政府による入国妨害
category: - | author: conflictive.info
[リンク]

【報告】マイケル・ハート講演会「記憶と残像のない新自由主義空間」
「冒頭、司会の岩崎氏から、ハート来日をめぐる理不尽な事態に関して説明がなされた。ハート氏と夫人は成田空港からすんなり出ることができず、入国管理局で待機させられ、取り調べを受けた。」
http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/from/blog/2008/06/post-109/

市民記者、入管に16時間 日程理由に NGO、政府に抗議
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/summit/102219.html
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH