ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
RECOMMEND
A君は無罪だ!生活保護申請に対する不当逮捕・起訴弾劾!! 関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]
関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/blog-entry-101.html

-------------------------------------------------------------
【支援要請/転送転載歓迎】


A君は無罪だ!生活保護申請に対する不当逮捕・起訴弾劾!!


関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
2009.11.28


「生活保護の申請をさせて下さい!」と泣く泣くカメラを手にしたA君を逮捕・起訴するなんてあんまりじゃないか!
A君の救援活動と無罪を勝ち取るための法廷闘争へのカンパをどうか宜しくお願いします!

【カンパ先】
郵便振替 00900−8−263985
加入者名 ユニオンぼちぼち
(通信欄に「A君」と記して下さい。)
この件に関する問い合わせやメッセージは hogohiwoageroアットyahoo.co.jp 
(アットを@に置き換えてお送り下さい)までメールをお願いします。


 10月27日朝、組合員であるA君は、いきなりやってきた大阪府警によって家宅捜索をされ、職務強要罪(※)で令状逮捕されました。29日に送検、勾留延長もされ11月16日に起訴されてしまいました。
 A君は福祉事務所から生活保護を受給していました。結果的に受給は出来ていたものの申請にあたっては大変な困難が伴った末の保護決定でした。

 今年2月、ユニオンぼちぼちは世界的な金融危機以降悪化する雇用情勢の変化に伴い、生活保護の取得の仕方を学ぶための学習会を開催しました。全国各地のユニオンの共通の課題として浮上してきた問題だと思いますが、労働にまつわる相談の解決の前にまずは生活の安定が必要であり、そのための生活保護申請のノウハウを組合員間で学習しようという試みです。
 勤務先で散々社長に罵られた挙句に不当解雇に合い、組合に相談にやってきたことがA君と組合との出会いでした。A君は労働法などを一生懸命勉強し、自分が争議の中心になって会社との交渉を行ってきました。しかし生活面は安定したものと言える状態にはなく、生活保護を申請することになりました。

 ユニオンぼちぼちは、生活保護の申請時における「水際作戦」といわれる福祉事務所の対応が問題だと考えてきました。水際作戦とは、福祉事務所へ相談に訪れた人々に対し、申請用紙を渡すまえに職員が理由をつけて追い返すことにより、保護の件数を予め抑制しようという手法です。なんとか申請をして保護を受給できたとしても福祉事務所からの執拗な「指導」により保護打ち切りに合い、保護基準以下の生活を再び強いられていく人が少なくありません。北九州市においては生活保護を打ち切られた男性が「おにぎりが食べたい」と書き置きを残して餓死するなど、全国で痛ましい事件が続発しています。日弁連によると、本来なら生活保護制度を利用できる経済状態にある人々に対しての実際の支給率はわずか9〜19・7%ということです。その大きな要因として、福祉事務所による申請への違法な拒否行為が挙げられています。A君の保護申請は、こうした状況の中で行われたものでした。

 本来、困った人のために相談にのり、サポートするのが仕事であるはずの福祉事務所の対応はとても冷たいものでした。そのことにA君は不安を募らせていきました。そして残念ながら、当初の保護申請は却下されてしまいました。困ったA君は再度申請を行おうとしましたが、福祉事務所は素直に取り合ってはくれません。やむにやまれず自分の部屋からビデオカメラを持ってきて、福祉事務所の職員に訴えました。「生活保護の申請をさせて下さい!」

 2ヵ月半後、この時の行為が職務強要罪の容疑にあたるとされ、A君は逮捕されました。

 しかし組合員が一緒に福祉事務所に話に行くと保護が支給されることが決まり、逮捕までの2ヵ月半の間A君は無事に保護生活を送っていました。逮捕の2日後、ユニオンぼちぼちの大阪事務所が家宅捜索されました。念のため付け加えておきますと、生活保護を受給する資格がないのに恐喝して違法に受給をしたという容疑ではありません。その証拠に現在も保護は廃止(取り消し)ではなく、逮捕・勾留による停止という状態になっています。職員の冷酷な対応を受け、やむにやまれずカメラを回しながら訴えたことが容疑とされているのです。その後、その映像が公開さたことはありません。

 勉強熱心なA君は逮捕前、生活保護を抜け出すために国の新しく始めた職業訓練制度を使い訓練学校に通い始めていました。入学のための選考試験は簡単なものではなく、時には落ち込むこともありました。しかし何度かの不合格を乗り越え、ようやく入学することが叶ったとき、私たちは手を取り合って喜んだものです。資格取得を目指して学校に通うことはA君にとって生きる張り合いになっていました。身近で様子を見聞きしてきた私たちは、その生活がとても大切なものであるということを感じていました。しかし、ようやく安定して学校生活に通えるようになった矢先に、突然逮捕されてしまったのです。A君は無実です。逮捕・起訴・勾留によって学校生活もメチャクチャにされてしまいました。このままではA君は出席不足による退学処分になってしまいます。

 私たちはA君の即時釈放を求めています。
 そして裁判では必ずA君の無罪を勝ち取らなければなりません。
また、この事件で有罪の判例を出させてしまったら、労働運動や社会運動においてビデオカメラを使うこと自体が抑制される恐れがあり、到底容認できるものではありません。
 心を寄せてくださる皆様には、未曾有の失業の嵐のなか大変心苦しい限りではございますが、この闘いへのカンパを寄せて頂くようお願い致します。


※職務強要罪とは、公務員に対して、「ある処分をさせる目的」、「ある処分をさせない目的や「公務員の職を辞させる目的」のいずれかをもって、暴行または脅迫を加えるというもので、「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」という重い罪です。私たちはA君の言動が犯罪にあたるという見解を容認できません。



- | - | PAGE TOP↑
Direct action - blockade two detention centers 直接行動‐2つの移民収容所を封鎖(ヨーロッパ・ベルギー)
category: 映像 | author: conflictive.info
[映像]

Direct action - blockade two detention centers
直接行動 ‐ 2つの移民収容所を封鎖

Activists from all over Europe came to Belgium to block two detention centers, one in Bruges and one in Vottem. The deportation machine got blocked for one day to symbolise the resistance against these inhuman migration politics. Every year thousands of people get detained and killed because they don't have the right documents. In name of our 'safety' and our economical interests. They are treated as criminals, while they haven't commited a single crime. They just crossed the borders of fortress Europe, hoping for a better life for theirselves and their families. Thousands of migrants die at the borders of Europe every year. Arrestations, detentions and deportations are the consequense of the European politics that want to control the migration, and forget about human rights.

ヨーロッパ中のアクティビストたちが、ブルージュとヴォッタンにある移民収容所を閉鎖するために、ベルギーにやってきた。その強制送還マシンは、これら非人間的な移民政策に対する抵抗の象徴として、1日封鎖された。毎年何千もの人々が、正式な書類を持っていないということで、拘束され、殺されている。私たちの「安全」と経済的利益の名のもとに。かれらは犯罪者として扱われているのだが、なんら犯罪は犯していない。かれらはただ、かれら自身と家族のよりよい生活を求めて、ヨーロッパ要塞の国境を越えただけである。毎年何千もの移民がヨーロッパの国境で死んでいる。逮捕や拘束・強制送還は、移民を抑制し、人権を忘却するヨーロッパによる政策の帰結である。


- | - | PAGE TOP↑
【11/28】シアトルから10年 WTOドーハ・ラウンドに反対! 宮下公園を多国籍企業のナイキに渡さない! WTO閣僚会合に反対するデモ
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]
-----------------------------------------------------------

《以下、転送歓迎》
【2009-11-28】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シアトルから10年 WTOドーハ・ラウンドに反対!
 宮下公園を多国籍企業のナイキに渡さない!

 貧困を作り出す自由貿易、市場原理主義、
 ナイキなど多国籍企業を優遇するWTOに反対しよう
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 11月28日(土)13:30に【恵比寿公園】集合
    14:00に渋谷方面に向けてデモ出発
場 所 恵比寿公園(JR恵比寿駅西口5分)
共 催 WSF2010実行委員会 http://tokyo.socialforum.jp
    みんなの宮下公園をナイキ化から守る会
     http://minnanokouenn.blogspot.com/
連絡先 担当者直通 070-5575-6647又は080-3127-0639
(*デモ終了後は、共同炊事もあります。)

 1999年11月末、シアトルで開催されたWTO(世界貿易機関)閣僚会合は、世界中から約5万人もの様々な人々(市民、NGO、労働組合、社会運動団体など)が集まって抗議行動を起こし、事実上、何の合意もされないまま失敗に終わりました。それから10年を迎える今月、ジュネーブでWTO閣僚会合が開催されます。

 2001年にドーハ会議で着手されたWTOドーハラウンド(「途上国の開発を促進し、貧困を削減する」という名目の多国間自由貿易交渉)は、8年が経過しても、合意の目途がただず、いまやWTOの存在意義が問われる事態になっています。しかしながら、昨年発生した金融危機を理由として、グローバルな経済を建て直し、経済危機を克服するには、「健全な自由貿易が不可欠である」とし、G8などの先進国およびIMF、世銀などの国際金融機関(金持ちクラブ)は、来るジュネーブの閣僚会合でドーハ・ラウンドを進めようとしています。私たちは、金融危機が発生する以前から、自由貿易が貧困を作り出し、一部の少数者のみを豊かにさせることを見てきました。

 一方、日本においても、金融危機の影響により、失業や野宿状況が深刻化し、「派遣切り」に見られるように不安定雇用労働者が真っ先にクビを切られ、野宿に追い込まれています。東京渋谷の宮下公園は10年以上前からテントや段ボールなど野宿を余儀なくされた人々の寝場所であり、現在約30名の野宿者がかつかつの生活を送っています。

 その公園をスポーツメーカー多国籍企業であるナイキがネーミングライツ(施設命名権)を渋谷区から買取り、「宮下ナイキパーク」とする計画が現在進められています。すでに9月から来年4月末まで公園の一切の使用が禁止され、5月の開設を目指し、渋谷区長とナイキ・ジャパン社長との協定書が交わされています。公共の場所である公園が一企業の利益のために売却されること、それによって貧困者の避難場所であり、集会やデモといった表現の場所が奪われようとしています。

 私たちは、さらなる貧困をグローバルに作り出すWTOドーハ・ウンドに反対し、みんなの宮下公園が多国籍企業のナイキに奪われてしまうことに反対し、以下の通り、集会とデモを行います。ぜひご参加ください。
- | - | PAGE TOP↑
2009-11-23(月・休)WSF2010首都圏プレ企画
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]
---------------------------------------------------------------

==(以下、転送・転載歓迎)==

2009-11-23(月・休)WSF2010首都圏プレ企画

世界社会フォーラムと社会運動   
金融危機を作り出したダボス会議に挑戦
大統領まで出してしまう世界社会フォーラムって何だろう?

日 時 2009年11月23日(月.休)13:30〜16:30
場 所 南部労政会館(JR大崎駅徒歩1分)
参加費 800円
主 催 WSF2010首都圏実行委員会
    http://tokyo.socialforum.jp/

【ゲストスピーカー】

クリストフ・アギトンさん(フランス)
1953年生まれ。仏テレコムの独立労組、SUD-PTT(連帯・統一・民主主義)の組合員。反失業運動AC!、「失業に反対するヨーロッパ行進」、ATTACの設立等に参加。WSFなど、近年の国境を超えた社会運動の担い手の一人。著書に『「もうひとつの世界」への最前線』(2009年5月、現代企画室)

チコ・ウィテイカーさん(ブラジル)
1931年生まれ。WSF設立発起人の一人で、現在WSF国際評議会およびWSFブラジル組織委員会委員。ブラジル・カトリック司教協議会が設立したブラジル正義と平和委員会代表。64年、軍事クーデターの発生で仏に亡命。82年ブラジルに戻り、社会的連帯のための民衆教育運動に参加。2006年、社会運動に貢献した人に贈られるRight Livelihood Awardを受賞。

 + + + + +

 2001年1月、南米ブラジル・ポルトアレグレ市で開かれた世界社会フォーラム(WSF)は、21世紀の新しい社会運動の始まりを告げる象徴的な出来事でした。WSFに参加した者たちは、そこで討論されたこと、検討されたことを自分の現場、地域に持ち帰り、そこで討論を深め、社会運動を作り上げていきました。ブラジルでは、WSFに参加した者たちが社会運動を拡大し、ついには労働者出身のルラ大統領を誕生させました。その後、南米では、次々に反米左派政権が誕生しています。世界の政財界のトップエリートたちが集まって討論する世界経済フォーラム(WEF:ダボス会議)に対抗して開催されたWSFは、ダボス会議がめざしている新自由主義に基づくグローバリゼーションに真っ向から挑戦し、世界の新しい社会運動の潮流をつくり、明らかに世界の政治地図を変えていると言えるでしょう。

 この秋、世界社会フォーラムの開催に準備段階から関わった2人、市民を支援するために金融取引への課税を求めるアソシエーション(ATTAC)フランスのクリストフ・アギトンさん、WSFブラジル組織委員会のチコ・ウィテイカーさんが来日します。国境を超えた社会運動の担い手であるアギトンさんには、WSFをはじめとしてグローバルな社会運動をどのようにつくってきたのか、そして今後つくっていくのかについて、反失業運動や住宅への権利運動、欧州社会フォーラムなどにおける自らの経験をふまえながら、話していただきます。またウィテイカーさんには、ブラジルの社会運動はどのようにWSFをつくり、展開してきたのか、そして、「WSFはオープン・スペースであるべきだ」という主張について論じていただきます。

 10年続いたWSFのメインアクターである2人が来日するのは初めてであり、WSFを理解する絶好の機会です。来年、1月には東京で、3月には大阪で社会フォーラムが開催されるにあたり、WSFとは何なのか? について、具体的な運動を考察しながら、討論したいと思います。
- | - | PAGE TOP↑
COMMUNIQUE FROM THE UCLA OCCUPATION
category: 学費問題 | author: conflictive.info
[転載]
UCLA Resistance: Nov. 18, 19th and Beyond
Audio: Student from Campbell Hall at UCLA(Los Angeles Times)

COMMUNIQUE FROM THE UCLA OCCUPATION

On 19 November at approximately 12:30 students occupied Campbell Hall at UCLA. The time has come for us to make a statement and issue our demands. In response to this injunction we say: we will ask nothing. We will demand nothing. We will take, we will occupy. We have to learn not to tip toe through a space which ought by right to belong to everyone.

We are under no illusions. The UC Regents will vote the budget cuts and raise student fees. The profoundly undemocratic nature of their decision making process, and their indifference to the plight of those who struggle to afford an education or keep their jobs, can come as no surprise.

We know the crisis is systemic - and that it reaches beyond the Regents, beyond the criminal budget cuts in Sacremento, beyond the economic crisis, to the very foundations of our society. But we also know that the enormity of the problem is just as often an excuse for doing nothing.

We choose to fight back, to resist, where we find ourselves, the place where we live and work, our university.

We therefore ask that those who share in our struggle lend us not only their sympathy but their active support. For those students who work two or three jobs while going to school, to those parents for whom the violation of the UC charter means the prospect of affordable education remains out of reach, to laid off teachers, lecturers, to students turned away, to workers who've seen the value of their diplomas evaporate in an economy that 'grows' without producing jobs - to all these people and more besides, we say that our struggle is your struggle, that an alternative is possible if you have the courage to seize it.

We are determined that the struggle should spread. That is the condition in which the realization of our demands becomes possible.

To our peaceful demonstration, to our occupation of our own university, we know the Univeristy will respond with the full force of the police at its command. We hear the helicoptors circle above us. We intend to learn and to teach through our occupation, humbly but with determination. We are not afraid. We are not going anywhere.


UCLA Tuition Protest November 19,2009


UCLA protest 11/19/09 - police becoming forceful


32% Inflation in UCLA Tuition Causes Near Riots (14 Arrested, 1 Tasered)


UCLA UC Regents Protest: 11/18/09, 11:15 A.M.

- | - | PAGE TOP↑
明石書店の出版を考える著者の会
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]

明石書店の出版を考える著者の会
http://www.geocities.jp/akashi_authors/index.html
------------------------------------------------------------

私たちは、明石書店の著者・編者・訳者などからなる「明石書店の出版を考える著者の会」です(現在120名)。

明石書店の労使紛争に関して、私たちが明石書店に対して提示した公開質問状を中心に、関連の資料も付して経緯を記します。まずは下記の「経緯」をご一読いただき、リンクされた資料をご参照ください。

公開質問状をめぐる経緯について

2009年11月9日
「明石書店の出版を考える著者の会」
代表 田島泰彦、柏木 宏

 私たちは、明石書店の著者・編者・訳者などからなる「明石書店の出版を考える著者の会」(以下、「会」とする)です。ここでは、明石書店の労使紛争に関して、私たちが明石書店に対して提示した公開質問状を中心に、関連の資料も付して、公開質問状にご賛同をいただいた方々へのご報告の意味も含め、この問題に関わる経緯を記しておきたいと考えます。

 2008年夏、明石書店で初めての労働組合として、東京ユニオン明石書店支部(以下、組合)が結成されました。私たち著者(以下、編者や訳者等も含めて表記)の中には、組合関係者などから、結成直後以来、労使関係が不安定で、特に08年末からの労使紛争を解決するにはどうしたらよいか、と相談を受ける者も少なからずいました。私たちは明石書店刊行の著者としてこうした問題を真剣に受け止めざるを得ませんでしたので、人権啓発・弱者救済を標榜した出版活動の裏で、激烈な労使紛争が起きていることを憂慮し、一刻も早く解決するよう促したいと考え、願いました。

[以下リンク先へ]
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH