ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
RECOMMEND
[リンク] 「女子挺身隊原告ら不二越富山本社構内に突入」 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]

第二次不二越強制連行・強制労働訴訟
ウェブサイト http://www.fitweb.or.jp/~halmoni/
ブログ http://fujisosho.exblog.jp/ 

株式会社不二越 http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/

「強制連行された元勤労挺身隊ハルモニ〜不二越抗議行動へ」(以下、「レイバーネット」より)
http://www.labornetjp.org/news/2010/1015fuji
「工作機械メーカー・不二越(本社工場・富山市)は、軍需工場として発展した企業で、“NACHI”を商標としています。これは昭和天皇の軍艦「那智」の名から決めたのです。日本国内ではそれを誇りにして、今もホームページには商標NACHIの由来を公表しています。しかし、侵略されたアジア各国に向かってはそれを隠しています。」

「不二越前で座り込み」
http://www.labornetjp.org/flashnews/2010/1287376625425flash

「不二越座り込み」
http://www.labornetjp.org/flashnews/2010/1287376892972flash

「連日、「女子挺身隊」原告らが不二越に抗議(19日)」
http://www.labornetjp.org/news/2010/fujikosi1019

「写真報告:ハルモニたち、不二越富山本社で体を張って抗議」
http://www.labornetjp.org/news/2010/1287880941247staff01

「女子挺身隊原告ら不二越富山本社構内に突入」
http://www.labornetjp.org/news/2010/fujikosi-toyama
「南門封鎖の鉄扉を維持しようとする警備の動員に対してハルモニは2度もこじ開け、支援も鉄門で攻防戦を行った。正門部隊は陣取りながら、こうして南門が封鎖された結果はトラックが数珠繋ぎである。正門も封鎖しているために事実上の不二越全面封鎖を強いた。夕暮れの暗さと雨の中で、この勝利を明日への闘いへとシュプレヒコールを上げた。」
- | - | PAGE TOP↑
[映像] IMF・世界銀行合同総会への抗議行動の様子(10月8−10日)
category: 映像 | author: conflictive.info
IMF Resistance Video!
http://imfresistance.org/?p=100

The DC Dilemma: A Reportback on the International Monetary Fund and World Bank Protests of October 2010
http://imfresistance.org/?p=97

- | - | PAGE TOP↑
[リンク] 「釣魚台/尖閣をめぐる日本の国ぐるみの排外主義に抗議します 前・後編」 ヘイトスピーチに反対する会
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク] ヘイトスピーチに反対する会

釣魚台/尖閣をめぐる日本の国ぐるみの排外主義に抗議します・前編(歴史編)
http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-63.html

釣魚台/尖閣をめぐる日本の国ぐるみの排外主義に抗議します・後編(現状編)
http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-64.html

「したがって、わたしたちは、釣魚台/尖閣をめぐるこの国ぐるみの排外主義に対抗するための立場を以下の明確にするとともに、より多くの人びとが以下のような見地から日本の政府やメディアを批判することを呼びかけます。

1. 日本による釣魚台/尖閣の実効支配は、明治期に日本がはじめた東アジア侵略の延長線上にある。よって、日本政府はまずこの実効支配をやめ、海上保安庁を釣魚台/尖閣近海からひきあげさせるとともに、釣魚台/尖閣を清国からうやむやのうちに奪った事実を認めよ。釣魚台/尖閣の帰属の問題について日本の側からものをいうのは、その後のことである。

2. 2010年9月の中国漁船と海保の「衝突」を機に高まった日本の排外主義は、1の見地から全面的に批判されねばならない。「日本も中国もどっちもどっち」などの見地からあいまいな態度をとることなく、在日中国人への実際の迫害にたいして断固とした反対の立場を表明すべきである。」

-----------------------------------------

リアルサヨクTV
- | - | PAGE TOP↑
[リンク]「第9回入管抗議・収容者激励行動→国連」(Pinkydragon〜SYI 収容者友人有志一同)
category: リンク | author: conflictive.info
[リンク]Pinkydragon〜SYI 収容者友人有志一同

「第9回入管抗議・収容者激励行動→国連」
http://pinkydra.exblog.jp/13355277/

「(注・UNHCR/国連難民高等弁務官事務所に対して)難民達が必死に辛い境遇を訴えたのに対し

「あなた達は知らないだけで、入管は少しずつ良くなっている」

「難民がデモンストレーションをしたりハンストをしてもプラスになるどころか無駄なだけ。
UNHCRもデモをしたから動いたとか世間に思われたくない」

と発言しました。

誰が好き好んでデモやハンストをやるでしょうか?
ならUNHCRはもっとヴィザを出すよう入管に言ってもらいたいものです。
それが出来ないから難民達は自分たちでも道を開くために懸命に行動を起こしているのです。」
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH