ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
RECOMMEND
[転載]2.20アメリカ大使館前での弾圧に対する抗議声明
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]2.20アメリカ大使館前弾圧救援会
-----------------------------------------------

「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」

連絡先:ametaiq @ gmail.com

blog:http://d.hatena.ne.jp/ametaiQ/

不当逮捕映像:http://www.youtube.com/watch?v=OnwiaVSQ1ig

 2月20日15時45分ごろ、アメリカ大使館申し入れ行動の参加
者2名を赤坂警察署が不当逮捕しました。私たち救援会は主催
者から事態を以下のように把握し、強く抗議したいと思います。

 沖縄・高江では昨年末から米軍ヘリパッド建設工事が強行さ
れ、2月は連日、沖縄防衛局が押し寄せ座り込み参加者がケガ
をする事態にまでなりました。そこで主催者の「沖縄を踏みに
じるな!緊急アクション実行委員会」らは1月から3回に渡って
東京のアメリカ大使館へ抗議申し入れ行動を行い、2月 20日当
日は大使館の目の前を通り申し入れするデモを計画していまし
た。

http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/
 
 しかし東京都公安委員会が直前になって集合場所・デモコー
ス・解散場所を全て変更する暴挙を行い、当日も異常なまでの
警備体制をしき参加者への妨害や挑発を繰り返していました。
そこで主催者は大使館への申し入れ行動のみに切り替えました
。申し入れのアポイントは大使館に当日16時で取れており、赤
坂警察も「大使館手前のJTビル前まで全員行って良い」と合
意したからです。

 ところがJTビル前に到着したところ、赤坂警察が参加者の
行く手をふさぎ、いきなり「解散しろ」と圧力をかけてきまし
た。そして参加者に襲いかかって2人を不当逮捕しました。

 映像を見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=OnwiaVSQ1ig

 1人目は道に押し倒され、髪の毛をつかんで引きずりまわさ
れるなどの暴行を受けました。2人目も強引に引きずられて全
身に擦り傷と打撲を負いました。その際2人目が逮捕容疑を問
いただした所、赤坂警察は「理由なんて後で良いんだ」と法治
国家を根底から否定する暴言を吐きました。市民の正当な権利
である申し入れ行動を暴力で弾圧することは絶対に許されませ
ん。

 不当逮捕後も赤坂警察は差し入れと抗議に行こうとした参加
者を赤坂警察署の手前で何の法的根拠もなく2時間以上も止め
続けました。ここでも赤坂警察は「また持ってっても(さらに
逮捕しても)いいんだぞ」と脅しをかけてきました。そして弁
護士が来ても、取調べは終わっているのに「取調べ中」とウソ
をついて1時間近くも弁護士の接見を妨害しました。そして差
し入れすらさせませんでした。

 アメリカ大使館は今回の申し入れ書の受け取りを拒否しまし
た。これまでアメリカ大使館は赤坂警察と緊密に連携しながら、
「申し入れの警備は全て赤坂警察に任せている」と発言して
います。この不当逮捕の責任は赤坂警察とアメリカ大使館、ひ
いては沖縄に基地を押し付けて反対する全ての声を押さえつけ
る日米両政府にあります。何が何でも沖縄・高江に注目を集め
させないための弾圧であることは明らかです。

 私たち救援会は不当逮捕に断固抗議し、二人の仲間を今すぐ
釈放することを求めます。

 みなさまへの幅広い連帯を呼びかけます。

 2011年2月20日 「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」

★救援カンパのお願い

弁護士費用をはじめとする諸経費のために、どうかカンパをお
願いいたします。

郵便振替用紙に「2.20アメ大Q」とお書きいただき、以下へお
振り込みください。

口座番号:00100-3-105440 「救援連絡センター」

※正式な郵便振替口座が開設しましたら、ブログにてお知らせ
します。

- | - | PAGE TOP↑
[転載]〜再収容をやめろ〜/仮放免者の会 2.25デモのおしらせ/団体・個人賛同のおねがい
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]仮放免者の会(PRAJ)
-------------------------------------

仮放免者の会 2.25デモのおしらせ/団体・個人賛同のおねがい(転載歓迎)

2月25日(金)に、東京の品川で、「仮放免者の会(PRAJ)」の企画するデ
モがあります(デモのご案内は、この記事の下のほうをごらんください)。
まず、「仮放免者とはなにか?」について説明させてください。
日本には、他の国と同様、難民や移民として生活している人がたくさん
います。しかし難民認定の申請はほとんどが却下されます。また、移住
労働者としてやって来てすでに日本の地域や職場に根ざしていながら正
規の滞在資格を得られない人がたくさんいます。
入国管理局(入管)は、正規の在留資格をもたない外国人をすべて収容所に
収容することを「原則」としています(全件収容主義)。しかし、そうした
外国人全員を収容することなど不可能なので、収容しきれない外国人を、
入管側からすればいわば例外的な「お目こぼし」として「仮放免」して
います。仮放免には、保証人と数十万から300万円の保証金が必要です。
仮放免者は、過酷な収容は解かれるものの、さまざまな不自由をしいら
れ、無権利状態におかれています。就労は禁止され、移動の自由は奪わ
れています(住んでいる都道府県から出る場合、「一時旅行許可」を入管に
申請し許可されなければならない)。また、在留資格がないため、健康保
険に入れず、生活保護も受けられません。「(アジア系・アフリカ系の)外
国人にみえる」というだけで、警察官の威圧的な職務質問を受けること
もひんぱんにあります。
そして、仮放免者は、入管からすれば一時的に「仮」の「放免」の許可
を与えているだけということなので、いつまた収容されるかとおびえな
がら暮らさざるをえません。1ヶ月あるいは3ヶ月ごとに入管まで出向
いて、仮放免延長の手続きをしいられますが、このときに入管職員から
「来月は収容するからな」とおどされることもあります。
こうした状況を改善し、仮放免者全体の、人としての権利の回復をめざ
して、わたしたちは 2010年10月31日に「仮放免者の会」を結成し、
連帯して運動をすすめていくことを決意しました。
「仮放免者の会」は以下の5つの要求項目をかかげています。

1.入管は「仮放免者」として生活している外国人の繰り返しの収容をや
めることを強く要求する
2.「仮放免者」が独立して生活するために仕事をすることを許すことを
要求する。
3.「仮放免者」が、いかなる苦痛も困難もなく日本で生活するために、必
要な規則を作ることを要求する。
4.「仮放免者」に、在留資格を与えることを要求する。
5. 収容中・収容後の心身の被害への謝罪と賠償を要求する。

この5つの要求に賛同してくださる団体と個人をつのります。
また、この問題に関心をいだく、日本にくらす多くの外国人・日本人の
みなさんに、2月25日のデモへの参加をよびかけます。

・賛同は、[junkie_slip999@yahoo.co.jp]で受け付けております。
・個人として賛同を寄せてくださるかたは、お名前(戸籍名でなくてもか
まいません)と、公表をご希望の場合は所属・肩書き等をお書き下さい。
・個人として賛同を寄せてくださるかたは、「仮放免者の会」のウェブサ
イトでお名前を公表させていだたくことの可否をご明記ください。お名
前を公表しないかたちでの個人賛同も受け付けております。
・団体としての賛同は、ウェブサイトで団体名を紹介させていただきま
す。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Stop “Re-Detention”!
〜再収容をやめろ〜

Dear Friends 親愛なる友へ
We, the refugees and immigrants, have been finally granted a
so-called "provisional release" after over a year of detainment in the
immigration center which had a devastating effect on our body and
soul. Since then, we turn ourselves over to the immigration officials
on a stated day every month. However we are in fear of facing
further hardships by re-detention, depending on the result of the
refugee recognition procedure or administrative lawsuit. If that were
the case what was the meaning of our first detainment? Even as we
applied for the recognition of refugee status and the administrative
lawsuit thereof, we are yet to be freed. We cannot accept such a
violation of human rights. That is why we established “Provisional
Release Association in Japan” (PRAJ) and encourage everyone to
oppose the re-detention policy. We may be foreigners but we are just as
human as the people of Japan. Japanese Government’s policy which
hinders the basic human rights of foreigners must not be allowed. In
order to abolish such a policy which is directly in violation of human
rights, we foreigners need to unite and let our voices be heard.

私たち難民・移民は入管による長期収容によって心身共にボロボロにな
り、やっとの事で仮放免許可を受けました。その後、毎月指定された日
に入管に出頭しています。しかし入管は、難民手続きや裁判の結果を受
けて私たちを再収容します。ならば私たちに対する一回目の収容は何だ
ったのでしょうか? 私たちが難民申請や裁判を始めても入管は私たち
を解放してくれませんでした。それなのに「結果が出たから」とまたも
や再収容されるのです。私たちはこのような人権侵害を許すことができ
ません。私たちは昨年の10月31日に「仮放免者の会(PRAJ)」を結
成しました。そして再収容に反対するデモを皆さんに呼びかけます。日
本人も外国人も同じ人間です。日本政府による外国人への人権侵害は許
されないことです。この人権侵害をなくすためには、まず私たち外国人
が団結して声を挙げていくことが必要です。

Stop mental torture 精神的拷問をやめろ  Stop killing overstayers
オーバーステイ外国人を殺すな  Release detainees from your torture
被収容者を拷問から解放しろ  Stop re-detention 再収容するな
 Stop violations of human rights 人権侵害をやめろ

February.25. (Fri.) 12:30 gathering at Shinagawa Station Bus Stop for
Nyukan
2月25日(金) 12:30 品川駅入管行きバス停前集合
Departure 13:00 from Shibaura Chuo Park(in front of DOCOMO
Building)
芝浦中央公園(DOCOMOビル前) 13:00出発

Organized by Provisional Release Association in Japan (PRAJ)
Contact: MASUDA 080-3421-4060 / MIYASAKO 090-6547-7628
主催 : 仮放免者の会 連絡先:増田080-3421-4060 宮廻090-6547-7628
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH