ウェブサイト‘conflictive.info’の更新情報などをお知らせします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2011 >>
RECOMMEND
[転載]  「韓基大(ハン キデ)さんへの弾圧に対する抗議」賛同のお願い
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

http://www.labornetjp.org/news/2011/1325157346025staff01

──────────【転送歓迎】──────────

「韓基大(ハン キデ)さんへの弾圧に対する抗議」賛同のお願い

前略
韓基大さんの友人の下地真樹(しもじ まさき)と申します。
「在日特権を許さない市民の会」(通称、在特会)から暴力被害を受けた韓基大さんに対し、逆に韓さんを加害者として警察が執拗に任意出頭を求めるという嫌がらせをやめないので、友人有志が中心となって警察署に抗議することにしました。詳しい経緯は末尾の抗議文に書いてあります。
内容にかかわらず、政府の姿勢に批判的なさまざまな活動が治安当局の弾圧を受けるケースが増えてきています。もはや黙っているわけにはいかないと思い、このたび、韓基大さんへ不当な任意出頭要請を繰り返す大阪府警四条畷(しじょうなわて)警察署に対し、友人として抗議を行うことにしました。そして、この抗議への賛同を広くよびかけることにしました。
これ以上、治安当局の恣意的な権力行使を許さないためにも、多くの人からのご賛同をいただきたいと思っています。賛同いただける方は、以下のいずれかの方法で賛同をお寄せください。
 【宛先】
  電子メール:supporthan@mail.goo.ne.jp
  電話   :090-8468-9988
  郵便   :東大阪市源氏ケ丘16-10
        日本自由メソヂスト布施源氏ケ丘教会気付
        戦争と平和を考えるつどい(弾圧対策部)
 【お送りいただく内容】
  お名前、肩書き
  ※「山田 花子(会社員)」のように表記ください。
  ※肩書きは簡単なものでよいです。あるいは、なくてもかまいません。
 【付記】
  ※ 賛同者の数については、対策ホームページ上でもお知らせします。
   http://supporthan.tumblr.com/
  ※ 賛同者のお名前、肩書きがホームページ上に掲載されることはありません。
  ※ 警察に提出する抗議文のみに、賛同人のお名前、肩書きが連記されます。


【警察に提出する抗議文、ここから】
韓基大さんへの弾圧に対して抗議します

 四条畷警察署が韓基大さんに対して執拗に任意出頭を要求することに対し、私たちは強く抗議します。
 すでに3回目となる呼び出し状では、韓基大さんが「在日特権を許さない市民の会」(以下、「在特会」)に所属する名前も知らない何者かに対して暴行をふるったということになっています。しかし、そのような事実はまったくありません。事実は、韓基大さんが2011年9月24日の『「君が代」強制大阪府条例はいらん!全国集会』に参加する為に最寄りの住道(すみのどう)駅を降りた時に在特会のメンバー少なくとも5名以上に待ち伏せを受けたということ、その際に、韓基大さんは取り囲まれ、鞄をつかまれ、顔面につばを吐きかけられ、罵声を浴びせられた、というものです。暴行を受けたと言えばそれは韓基大さんの方です。
 以上の事実は、その時周辺にいた私服警官も見ていたはずです。また、被害届を出した在特会が、彼らにとって気に入らない市民運動に対して威力的に妨害行為を繰り返している事実も警察は知っているはずです。彼らが聞くに耐えない差別的暴力的発言を繰り返しているという事実も、警察は知っているはずです。それにも関わらず、今回のようなそもそも事実の無いデタラメな「被害届」を元に執拗に任意出頭を要求することは、韓基大さんに対する重大な人権侵害です。このような不当な出頭要請に対し、韓基大さんがその貴重な時間を割いて応じる必要はまったくありません。
 これはあらゆる人々への差別・排外主義に反対する一人の人間として絶対に譲れないことです。
 四条畷警察署は、市民の安全を守るという本来の職務・職責を思い起こし、これ以上、差別・排外主義者たちの暴力に力を貸すようなまねは止められるよう申し入れます。

韓基大さんの友人一同

呼びかけ人 安藤眞一(日本自由メソヂスト布施源氏ヶ丘教会 牧師)、鵜飼哲(一橋大学教員)、下地 真樹(阪南大学教員)

賛同人 …………

【警察に提出する抗議文、ここまで】
- | - | PAGE TOP↑
[転載] マスコミ各社の「北朝鮮」報道に対する抗議文(賛同募集)
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

ウリハッキョサポートネットメンバーズ/우리학교를 사랑하는 모임
http://usm-aichi.blogspot.com/2011/12/blog-post_25.html


マスコミ各社の「北朝鮮」報道に対する抗議文(賛同募集)

12月17日、朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記が逝去された訃報に接し、USMメンバー一同、心から哀悼の意を表します。

USMでは、従来からの日本のマスコミ報道のあり方、そして今回の訃報に関して朝鮮学校関係者のコメントを興味本位で取材したことなどに憤りを感じ、マスコミ各社に対し抗議の意を表明し、各社に抗議文を提出します。

朝鮮学校や在日朝鮮人をとりまく日本社会のあり方を問い、北東アジアの真の友好ネットワークをひろげていくためにも、ぜひ以下の抗議文にご賛同ください。

★賛同に関して
個人として賛同を寄せてくださるかたは、お名前(戸籍名等の登録名でなくてもかまいません)と、公表をご希望の場合は所属・肩書き等をお書き下さい。
個人として賛同を寄せてくださるかたは、USMブログでお名前を公表させていだたくことの可否をご明記ください。お名前を公表しないかたちでの個人賛同も受け付けております。
団体としての賛同は、USMブログで団体名を紹介させていただきます。

賛同の受付はusm.aichi@gmail.comで受け付けています。
件名:マスコミ各社の「北朝鮮」報道に対する抗議賛同
本文:
おなまえ(公表の可否)
所属・肩書き等
団体
ほかにコメントなどあればご記入お願いします

********************

マスコミ 各社 御中

2011年12月19日に発表された朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記の逝去後、過熱するマスコミ各社の報道のあり方に強い憤りを表明します。

従来より、朝鮮民主主義人民共和国に関する報道では、好奇や蔑視の視線を隠すことなく、事実を無視もしくは憶測に基づきいたずらに危機をあおるような発言が繰り返され、そうした社会的雰囲気の中で、日本社会に生きる在日朝鮮人はさまざまな暴力にさらされてきました。

特に、朝鮮学校の生徒に対する暴力事件は、朝鮮半島における「事件」ごとに繰り返されてきたことを考えると、マスコミ各社はこうした自らの報道姿勢を省みる必要があります。

事実、現在日本のインターネット空間では、排外的な言説であふれています。そうした社会的空気感に便乗し、好奇や、差別・排除する対象としてのみ都合良く「北朝鮮」を持ち出すというマスコミ各社の態度に強い憤りを覚えます。

朝鮮学校関係者によると、金正日総書記の逝去後、中継アンテナをつんだ車が無断で朝鮮学校の敷地内に入り、さらに職員室にもおしかけ、ひどいところでは、朝鮮学校に通う子どもたち(小学生まで対象になったと聞いています)にまでマイクを向けたということも聞いています。 わたしたちは、マスコミ各社のこうした暴挙を決して許すことはできません。

朝鮮学校の生徒、教員、保護者の方たちは、この2年近く朝鮮高校のみが高校無償化から排除されたという日本政府からのひどい差別に毅然と立ち上がり、何度も何度も日本社会に向けて、一日も早い無償化適用を訴えてきました。私たちはともに運動に参加してきましたが、このような真摯な訴えをマスコミ各社は十分に取り上げてきませんでした。しかし、朝鮮民主主義人民共和国の国家元首逝去という事態に乗じて、朝鮮学校生徒、関係者に何の配慮をすることもなく取材を行おうとする、その態度に強い憤りを感じます。

本来、報道の使命とは、こうした異常な排外的状況に対し警鐘を鳴らすことではないでしょうか。わたしたちは、マスコミ各社に、自らがおかしたこの過ちを誠実に認め、各地の朝鮮学校に謝罪をすることを強く求めます。

マスコミ各社には、本来のジャーナリズムがもつ精神に立ち返り、決して一面的ではない隣国・朝鮮の姿を伝え、日本社会にこれ以上の排外主義が高まらないような報道を心がけていただきたいと願います。

2011年12月25日
- | - | PAGE TOP↑
[転載] 【26、27日と連日、連続緊急行動】 辺野古アセス評価書を提出するな! 政府へスタンディングと抗議行動
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

【26、27日と連日、連続緊急行動】
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
辺野古アセス評価書を提出するな!
−−−−−−−−−−−−−−−
政府へスタンディングと抗議行動
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★12月26日以降にも提出強行か
★沖縄では食い止める連日行動へ

<日にち>12月26日(月)、27日(火)
<時間と場所>
◆防衛省前スタンディング◆11:30〜13:30
防衛省正門前路上(東京都新宿区市谷本村町5-1)
JR・地下鉄「四ツ谷」「市ヶ谷」駅7分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
◆首相官邸前抗議行動◆18:30〜19:30
国会記者会館前路上(首相官邸の向かい)
東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅出入口3のすぐ前
http://www.tokyometro.jp/station/kokkai-gijidomae/map/index.html

☆訴えを書いた紙や鳴り物などアピールするものを持ってきてください。
☆首相官邸前では抗議文を渡します。用意できる方はお願いします。
※これらの時間以外でも自分の都合の良い時間に行動していただくことを歓迎します。
※防衛省前スタンディングは、有志で12月30日まで続けます。

★12月26日以降にも提出強行か
辺野古への新基地建設のための環境アセスメント評価書を政府・沖縄防衛局は、12月26日以降にも沖縄県に提出しようとしていると報道されています。県知事や県議会のみならず、各市町村議会で評価書提出の断念を求める意見書が相次いで採択され、今や全沖縄で評価書を提出するなという訴えを無視して強行しようとしているのです。
★沖縄では食い止める連日行動へ
この全沖縄の総意をもって評価書の提出を食い止めようと、基地の県内移設に反対する県民会議では、提出の可能性が高い26〜28日、県庁舎のすべての出入り口付近にのぼりを立てゼッケン、腕章などをして、沖縄防衛局職員が県庁に入ることを警戒する県民行動を展開することを明らかにし結集を呼びかけています。行動には県選出国会議員、県議会議員も参加する予定です。
★とくに26日夜の首相官邸前抗議行動には多くの参加を求めます。参加を呼びかけてください!かけつけてください!

★今からでも防衛省と県知事に私たちの声を届けよう!
ハガキ文例をダウンロードできます。
★状況によっては緊急に行動を追加する可能性があります
いずれも、下記のホームページをご覧ください。

(毎月の防衛省前行動は、次回1月10日(火)18:30〜)
************************
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
電話 090-3910-4140 (沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
************************
- | - | PAGE TOP↑
[転載] 辺野古アセス評価書を出すな!知事ガンバレ! ★私たちの声を防衛省と沖縄県知事に届けよう ★12・15集会に集まり、怒りの声を轟かせよう
category: 転載 | author: conflictive.info
[転載]

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
辺野古アセス評価書を出すな!知事ガンバレ!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★私たちの声を防衛省と沖縄県知事に届けよう
★12・15集会に集まり、怒りの声を轟かせよう
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

★<私たちの声を防衛省と沖縄県知事に届けよう>

普天間基地の返還を口実とした、辺野古新基地建設のための
環境アセスメントにおける評価者を、政府・防衛省は沖縄県へ
今年中に提出しようとしています。

「犯す前に言うか」などの差別発言をした田中・沖縄防衛局長を
即座に辞めさせたことで一件落着とし、何が何でも年内に
評価書を提出しようとしているのです。仲井真知事へ
「謝罪」しにきた中江・防衛事務次官は、「環境影響評価書は、
年内に提出すべく準備を行っており、この方針に変更はない。
ただ、提出について、沖縄県側で厳しい意見があることは、
十分、承知しているので、沖縄の理解を求めながら、
法令にのっとって手続きをしたい」と述べ、知事は、
「この状況でも強引に評価書の提出を進めようというのは、
状況の判断のしかたとして納得がいかない」と反発しています。
この後、一川・防衛大臣も知事に「謝罪」。知事は「極めて、
極めて遺憾」と述べ、大臣に抗議しています。

全沖縄の声は、「普天間基地は県外へ」です。この声を公約に
当選した仲井真知事も矢継ぎ早に訪問する閣僚らに
強く訴えています。沖縄県議会や名護市議会では評価書提出の
断念を求める意見書が可決されました。

田中・前沖縄防衛局長の差別発言は、沖縄の反対によって
辺野古新基地建設を進められない焦りから出た政府の本音
そのものです。「沖縄の理解を得」ず評価書を提出すれば、
政府の沖縄差別そのものです。

評価書を提出することで環境アセスメントの手続きを進め、
終わらせることで予定地である辺野古沖の公有水面の
埋め立て申請など着工へと突き進もうとしているのです。

「評価書を提出するな」と防衛省へ訴えましょう!
政府の圧力に屈しないよう仲井真知事を激励しましょう!

○防衛省宛
〒162-0845東京都新宿区市谷本村町5‐1防衛省
防衛大臣 一川保夫 様
ハガキ表(宛名、住所)
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/11NNB/bo_address_1.pdf
ハガキ裏(文例)
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/11NNB/bo_sentence_2.pdf
○仲井真知事宛
〒900-8570沖縄県那覇市泉崎1‐2‐2沖縄県庁
沖縄県知事 仲井眞弘多 様
ハガキ表(宛名、住所)
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/11NNB/oki_address_1.pdf
ハガキ裏(文例)
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/11NNB/oki_sentence_2.pdf

ハガキの文例をダウンロードできます。ハガキに印刷し
てお使いください。
文面の空いたスペースに、できればご自身のメッセージを
一言添えてください。
※印刷したハガキを下記の12・15集会で配布します。


★<12・15集会に集まり、怒りの声を轟かせよう>
----------------------------------------------------------
辺野古アセス反対 沖縄の民意を踏みにじるな 12・15集会
----------------------------------------------------------
●日時 12月15日(木) 18:15開場 18:30開会 20:30終了
●場所 自治労会館6階ホール
http://www.jichirokaikan.jp/access.html
       住所 東京都千代田区六番町1
       交通 東京メトロ有楽町線「麹町駅」より徒歩3分
           JR線、東京メトロ有楽町線・南北線
・都営地下鉄線「市ヶ谷駅」より徒歩5分
           JR線、東京メトロ丸の内線・南北線
「四ツ谷駅」より徒歩7分
●内容 沖縄からの報告 
        安次富浩さん(ヘリ基地反対協議会代表委員)
    沖縄からの報告◆
        崎山嗣幸さん(沖縄平和運動センター議長
                      ・県議会議員)
    国会情勢報告   沖縄等米軍基地問題議員懇談会から
      ほか連帯のアピールなど
●共催 ○フォーラム平和・人権・環境
       連絡先:03−5289−8222
    ○辺野古への基地建設を許さない実行委員会
       連絡先:090−3910−4140
          (沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
●参加費 500円
●集会のチラシはこちら
http://www.peace-forum.com/mnforce/2011/01senden/111215okinawa.pdf
-----------------------------------------------
 野田佳彦内閣の成立以降、民主党政府は、普天間基地の
辺野古への移設を推し進めようとしています。11月13日に
行われた日米首脳会談では、野田首相がオバマ大統領に、
アセスメントの評価書を年内に提出することを約束しました。
中断しているアセスメントが再開されれば、来年の夏ごろにも、
政府は 沖縄県に基地建設のための海の埋立てを
申請することになります。また東村の高江では、防衛省が
ヘリパット建設を強行しようとしています。アメリカ政府は
来年10月には、沖縄にMV−22オスプレイを配備する
としており、このままでは県民の生活は脅かされてしまいます。
与那国島では住民合意のないまま、自衛隊の配備が
行われようとしています。沖縄の人々の闘いと連帯するため、
集会を企画しました 。ぜひ参加してください。

************************
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
電話090-3910-4140(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
************************
- | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH